« 森鷗外のたった二泊で130万円もの義捐金、さすが森鷗外! | メイン | 今年の母の日はお花を贈らないように »

2011/05/07

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

本筋ではありせんが、「壱」「弐」という用字はイイですね。

「一部の日本人」とサンドラさんが仰るように、「自分の立場でしかものを見ない一部の人たち」はいつの時代でも、世界の何処にでも居るものだと思います。

相手を貶める事でしか自分の立ち位置を確認できない人たちの誤解を解くのには、前段階として、ごく普通の、時には相手を叱ることもできる「ご近所付き合い」のような人間関係を構築しなければ、時間を掛けて説明しても受け入れた振りをするだけで、「わだかまり」はそのままだと思います。

「将を射んと欲すればまず馬を射よ」
その人たちの周りに居る「普通の感覚」の人たちと良い人間関係を作る事が早道かも知れません。

良い人間関係ができても、センシティブでナーバスな「私は間違ってない」という思い込み立入る事になるので難しい問題ですね。私自身何度も失敗を経験しています。

日本人って偽善が多すぎじゃない。日本人は外国から帰国は正しいが、外国人が帰国をしたら間違っている?日本人はこんな都合の良い良い加減さが多い。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad