« 独環境大臣レトゲン氏が更迭 | メイン | 日本の「こ」は「コンビニ」の「こ」 »

2012/05/20

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

 リクエストに応えてくれてありがとうございます。まとめると、「エネルギー政策の大転換に伴ってやや力不足だった環境大臣を辞めさせた」と言うことですね。
 見出しを見るだけで日本の新聞と違いは歴然です。記者クラブに所属していたら、「偏向記事を書く危険な記者」としてすぐに田舎の支局に飛ばされてしまう内容ばかりに見えます。
 日本の報道機関の社員のほとんどは、「スポンサーのご機嫌取りか、政府の広報機関」の準公務員なので、危ない橋はまず渡りません。
 暇があったら(なければ無理やり作って)、伊丹 十三(いたみ じゅうぞう)さんの作品をじっくり観ることをお勧めします。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad