« 建築散歩 IV - 下町へ! | メイン | 建築散歩 VI - 八百万の紙々 »

2009/08/01

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

東京の下町や周辺の都市部に見られる、お互いにぴったりくっつき合っている家は、都会に慣れていない日本人にとっても、とてもがまんできないもののひとつです。家に庭がない、庭に木がない家は、日本の田舎に住む人間にとっては、とても寂しいものです。
日本人でも、昼の間、窓にブラインドやカーテンを閉めて、外の風景をさえぎることに、がまんできない人は、私も含めていますよ。でも都会では難しいかも知れません。あまりきれいな景色ではないかもしれませんね。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad