« クララの八百八町: 「時差ぼけの温故知新 V - お茶にしようと思ったところ・・・」 | メイン | クララの八百八町: 「時差ぼけの温故知新 VI - 生き残っているたった一つ東京都電」 »

2010/03/23

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

young germanyのドイツの剣術についての記事読みました。

写真は、まさに中世ヨーロッパに勇名とどろかせたドイツ騎士団が現代によみがえって
いる様を伝えていますね。

ロングソードは神聖な武器で、確か騎士に叙任の際に用いられたんですよね?
騎士を題材にした映画で良くこのシーン見た気がします。

八百八町だけでなく、young germanyも楽しくかつ興味深く読ませてもらってます。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad