« 海外メーカーは応募しなかったので、もう少し避難所でいててね。ごめんね。もう少し我慢しててね! | メイン | 風船飛ばしで放射能雲シミュレーション »

2011/05/09

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

仰ることに同意!

写真の真ん中らへんに写っているケビンさん、普段の彼を知りませんが、テレビ番組での発言では、自分が不利になると論理も何も無くなり「精神的な鎖国」発言に陥っているイメージが強いです。

議論の前提となる色々な事の定義の違いが大きければ、話し合ってもギャップは大きいままです。まずは定義のギャップを埋めないと話は進みませんよね。

私は日本人ですが海外在住で外から心配してるんですけども、同じように温度差を感じてます。もっと危機感をもって自分を守ってほしいと思ってるんですが、日本にいる両親や友達、又こっちにいる日本の友達にも話すようにはしてるんですが、ちょっと奇異な目で見られたりもします。ドイツの脱原発ぶりがうらやましいです。

具体的に何をギャップと感じてしまったのか、サンドラさんに尋ねてみたいですね。
クララ:そのギャップを埋める方法はあるのでしょうか。←ついでにコレも。

 あまり日本人としてまとめて言うのは良くないと思いますが、この国には難民と呼んでも良いくらいの多くの情報弱者がいます。石原慎太郎さんが選挙で選ばれたことが象徴しています。知らせる努力をしていかなければいけないと、より強く思いました。ありがとう。

放射能汚染の問題はまだ終わってない。日本は湿気が多い国なので、セシウムは空中人漂い肺に入る。半年後、一年後に日本はもっと危険な場所として認識されるようになる。
欧米人は日本の気候条件を見落としている。
チェルノブイリには湿気が無い。日本にはある。

日本は西洋が中心の歴史においては例外であり差別されている。
そのことは日本人は心底から理解している。
日本人は西洋人に合わせてきた。
あなた方は、こんな時もそれを要求するのか?
米軍が居座っているだけでは まだ足りないのか?
しかし、米軍は数年で縮小され日本を離れるだろう。
日本は湿った空気が汚染されているから。
米国が浜岡原発を止めたとしても、米軍は日本を離れなければならなくなるだろう。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad