« 独メルケル首相と、「美しいドイツ」 | メイン | ベルリンの壁が倒れたような、歴史的瞬間 »

2011/06/01

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

日本は正面から向き合わず先送りで逃げるだけ・・・でも、もう逃げられないですよね。

 植木等さんの歌うスーダラ節には、「わかっちゃいるけど、やめられない」という歌詞がありました。http://www.youtube.com/watch?v=bQPDQzhzaOw
 ハイ それまで~よhttp://www.youtube.com/watch?v=bQPDQzhzaOw
ってのも。
 黙ってオレについて来いhttp://www.youtube.com/watch?v=dJF_5-Lltwo&feature=related
 こう言ってくれる人、現れるかなー。ちょっと危険な気もするけれど。by日本一無責任男

横浜でドイツの会社の日本法人代表やっています。
本社がドレスデンなので、旧東独出身のメルケル首相の今回の原発撤廃という英断の背景を調べていたら、ここにたどりつきました。 ドイツ語は話せないのですが(一応読むことは出来ますが、社内も色んな国の方がいるため、英語しか使っていません)このブログでメルケル首相の演説概要を読むことができたことを感謝しております。昨年2月にドレスデンの本社に行った際、偶然「人間の鎖」デモを見ました。 同僚達はようやく得た信頼(ベルリンの壁崩壊後)をこのような形で失うのはいやだと言って、デモに参加していました。 そんな経験もあり、今回の首相の英断にとても感動した一人です。 元々推進派だった首相が、あっさりと撤廃を宣言する辺りは日本の誰かにも見習って欲しいと強く思う次第です。 また時々拝見させていただきます。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad