« ホテルニッコーでの公演の報告 | メイン | クララが最近読んだ本 と言っても、最近、あまり本は読んでいない・・・ »

2011/08/11

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

 ニフティー寄席、知りませんでした。わたしの頃はラジオ寄席でしたので、真打の噺はめったに聞くことができませんでした。良い道具立てができて良かったですね。お芝居でも落語でも言葉を語ることが重要かと思いきや、間の取り方、沈黙が大切なんですね。名人の噺は、噺家でありながら沈黙がすばらしいものです。
 ここからはご提案でございます。クララ版「風が吹けば箱屋が儲かる」「大風が吹けば桶屋が喜ぶ」が披露されたことですし、ひとつ新作落語なぞを書いちゃぁもらえませか。近頃では女流噺家もいるとか。彼女らを演者に想定した小噺でも大作でも創ってみてはいかがでござりましょうか。「クララさんしゃべりはどーせ大したことないみたいなので、高座に上がらず作家という黒子としての参加ならばどーなのよ」(「悔しい」という想いが行動を起こす火種になっているようなので、挑発してみました。高座に上がってくれるかな(^_^;))
 今までの報告は落語で言う「まくら」だったのですね。この文章はとても素晴らしい。おあとがよろしいようで。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad