« クララが最近読んだ本 と言っても、最近、あまり本は読んでいない・・・ | メイン | エネルギー転換原子力撤廃という実験 »

2011/08/14

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

ご提案ありがとうございます。南樺太も朝鮮半島も日本だったときに、基本的な社会資本が整備されたので、技術的にも経済的にも充分可能なことです。特に日本と韓国の間には、弾丸列車(現在の新幹線)を走らせるための海底トンネル掘削の計画も明治の時代からあり、詳しい海底調査も済んでいます。
 しかし、韓国と日本の電力価格差が1:3と大きいため、日本のエネルギー政策が電力会社と経産省に支配されているうちは、こうした合理的な提案は決して日の目を見ない定めになっています。やれやれ。
 

は?これ以上、コレアをつけあがらせてどうする?アホか?
そんなことしたら、対馬どころか九州まで自分たちのモノだ!と言い出すに決まっている。
まずは、正しい認識ともってから発言しろ

興味深い記事をありがとうございます。
この海底ケーブルのすばらしい点の一つは、世界有数の漁場である北海を横断するにあたって、細心の注意が払われている点にあると思います。

現在の技術では、浅い所にケーブルを引く方がむしろ難しいです。平均水深は410mかもしれませんが、ブログの図を見る限り、ルートの7割は100mに満たない浅い場所です。こういった場所では、漁業活動による損傷の可能性が絶えずあります。設計時にケーブル設置の仕方やケーブルの強度などを慎重に検討しているのだと思います。今回のケーブルは知りませんが、ドイツのABB社などは、万一損傷した場合に備え、油など環境に有害な物質をケーブルに使わないようにしているそうです。

もう一つすばらしいと思ったのは、ブログで指摘されていたように、国を越えて電力を融通し合う仕組みです。ドイツやオランダ、デンマーク、イギリスなど北海沿岸では風力発電が盛んですが、風が弱くなった時に不足する電力をまかなうとすれば、今回のようなケーブルを設置して、揚水発電で補うのが確かに一番だと思います。揚水発電は長時間の発電には向きませんが、ボイラーを加熱する時間が必要な火力発電と違って、放水するだけなので、すぐに電力を作れます。
不安定な自然エネルギーを使用しつつ、安定した電力を供給するすばらしい仕組みだと思いました。

北海には他にも電力ケーブルがたくさん走っていたと思いますよ。NordSee Smart-Gridで検索されるとわかると思います。

 ノルエーはフィヨルド地形で海岸線にそって、200mから5~600mの高低差があり効率的な揚水発電に最適な地形であります。オランダの様な国内で揚水発電が難しい低地国家とボーダレスに電力調整機能を共有することは適当であると思います。
 しかし韓国の地形は日本と大差なく、そのような国際的な電力調整機能を共有するには無理があります。
 提案者は一方的な韓国からの電力供給を期待しての事かと思いますが、日本同様エネルギー資源の乏しい韓国は今後一層の原発推進を予定しています。その『原発電力』に依存しようとするのであれば脱原発にはなりません。韓国の日本海沿岸に集中する原発が仮に不都合を起こした場合の日本への影響は、ほとんど国内問題と言って差し支えないと思います。
 日本は震災の洗礼を受け、この経験を生かし、世界一安全な核技術を模索し、安全な核技術大国として、世界をリードしていくべきです。核は制御不能ではありません。今回の事故も冷却システム稼働の為の電源喪失なのですから、本来対応不能の問題ではありません。電力は国と産業の根幹であり、その大事を外国に委ねる事は絶対反対です。

褒めている人がいますが、まったく韓国(朝鮮人)の対日政策と反日政策を理解していません。韓国にたいしては電力はおろか何一つ依存することはできません。
ドイツの方のようですが、日本における韓国(朝鮮人)のことを全く理解されていないようです。無理もありませんが、日本には犯罪率が極めて高い在日朝鮮人の問題があり(日本名でしか報道されませんので惑わされます)韓国という国は、日本に関する歴史にあらゆる部分にまで嘘を作り出して捏造し、韓国を何度も助けた日本と日本人を徹底的に悪者にしています。
日本語が達者なようですから、このあたりのこともお調べになれば韓国と日本がけっして交わることのない国であることが分かります。
そもそも韓国は国策として強烈な反日政策を行っているため日韓友好などありえません。日本は門戸を開いていますが、これだけ捏造して感謝の心を持たない民族とは日本人のほとんどが交わりたくないと考えています。
その韓国へエネルギーを依存するなどありえません。

韓国の電力周波数は50Hzではないですか?

対馬海峡を渡って西日本(60HZ)につなげるならその時点で周波数変換をしなければならないのではないですか?そのロスはどのように考えていますか?

日本国内で西日本と東日本との間で電力融通することすらすったもんだしているわけですから、そのことをまず考えなければならないのではないでしょうか?

発言するのは自由ですが、いくら専門家でなくてもそのくらいのことは調べてから発言された方がいいかと思います。

http://www2.cc.oshima-k.ac.jp/~ito/ee/ogawa_VoltFreq.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E7%94%A8%E9%9B%BB%E6%BA%90%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0

韓国がもう少し成熟してからそのようなことをおっしゃってはいかがでしょうか?
韓国が日本にどの様な態度とってるか知らないんですか?
気でも狂ってるとしか思えません。

対馬海峡にケーブル引いて、韓国に電力を依存する・・・ですか。
ウルルン島にサムスン財団が立てた「対馬はもともと韓国のものだ」という石碑
があるそうです。
同じ文言がハングルで書かれたTシャツを着た韓国人が対馬で堂々と闊歩しています。
対馬を経由地にする為、工事が完了した時点で乗っ取られるでしょうね。
「何の根拠も無いのだから、乗っ取る事なんて出来るはずがない」なんて常識は
半島人には通用しません。
自分達に都合が良い様に歴史を捏造し、息を吸うように嘘をつく民族ですから。
「「反日韓国」に未来はない」という韓国系の方が書いた本を検索して下さい。
洗脳から解けて真の人間の心を取り戻した著者の生々しい証言が書かれた書籍です。
いまだに反日教育を推進し、「親日派」という言葉を犯罪者と同等に考える、
「狂った国家」に日本の命を依存するなんて、非常に馬鹿げています。
まるで「泥棒して下さい」と泥棒に鍵を渡す様なものですね。

ドイツでの落語ツアーの話、面白かったです。

韓国の電気代が安いのは、製造業(特に大企業)の輸出促進をはかる事を主な目的に(と言っても、日本と違って一般世帯向け電力も安いそうですが)、国策として安くしているからです。韓国電力公社の競争力が高いわけではありません。韓国電力公社は毎年大幅赤字だそうです。電気代が安いから、省エネについての一般意識も高くないという話を聞いています。
日本企業に勝つために、国策として電力公社に発電コスト以下で電力を販売させているわけですから、日本に電力を安いまま売るとは思えません。売るとしたら、きちんと発電コストにマージン付けて売るんじゃないでしょうか。そうしないと、韓国国内で大きなバッシングを受けます。

どこのどいつだよ?こんな売国ブログ書く奴は?と、思ったらドイツの方だったんですねw。
純粋にヨーロッパと比較してという事ですね。

ドイツでも韓国人が嫌われていると耳にしますが、色々勉強された方が良いと思います。
韓国を嫌っている人は、人種差別主義者等ではありません。
むしろ、韓国は、異常な差別社会です。
「ソフトバンク 犬 CM 意味」「ジャパンエキスポ 韓国」で、グーグル検索してみてください。
韓国の本質はparasite countryです。
いろいろ書き始めるときりがないのですが、ネットでもっと日韓関係勉強して下さい。

つい先日もソウル首都圏で停電があったくらい韓国の電力事情は良くないのに・・・
韓国が好きとか嫌い以前に、韓国を知らなすぎですよ。

技術的には多分問題ないでしょう。
うまくいくところではうまく行くでしょう。
でも、ロシアのパイプライン戦争を見ても解る通り、エネルギー問題は根が深いです。
リスクはなるべく減らすべきだと考えます。
既に食べ物で依存してるのだから、これ以上依存するリスクを増やさずにすむならそうしたい。

食の自給率40%かよ

放射能で米は大丈夫か?心配です。頑張ろう日本!

「食も海外に依存してるのだから、電気も依存しましょう」って事?
ますます危険です。この国が隣国の支配下に置かれまねません。
地理的に日本がEU加盟国だったらまだしも、
現在の状況ではありえないでしょう。

Miss Clara, unfortunately, there still seems to be some bigoted, racist, idiotic, immature, unenlightened children who cannot even hold a decent rational conversation like proper adults in this country. The emotional reaction against anything that has to do with China and/or Korea are predictably reactionary and knee-jerk. I mean really, I can't stand it. I really don't have much for this country... What disappoints me is that these sort of things are tolerated, or at least people are indifferent to, in this country.

I mean, isn't this like saying "Those dirty Jews! We would never do any business with them!" in Germany? I mean I'm sure that may still happen, but it's largely taboo/illegal, right?

So why, oh why, do these sort of things happen in this country? I am really rather losing hope... I feel like I'm fighting a losing battle. How do you deal with all the negativity in this country, miss Clara?

 いつも読ませていただいております。興奮したガキのコメントがチラホラ見受けられますが、お気になさらないで下さい。
 私は他の方が書かれているように、日本・韓国両国の電力事情からこの案は今のところ不可能だと思っております。しかしこれを不可能とする最大の問題は
「韓国」という言葉だけで、異常としか思えない情念を燃やし冷静さを失う日本人がこれだけいるということ。そしてそれ以上に、「日本」というだけで狂っているとしか思えない感情的爆発(「韓国」というキーワードに異常に反応する人々がいう“ファビョる”)をする韓国人が、その何倍もいるということです。
【潜在的ネオナチが大勢いるドイツ=日本】【体制翼賛右翼化したポーランド=韓国】と考えると、日韓の関係がよくわかるかと。
 コメント欄が荒れるので、“韓国”というキーワードは出さない方がよろしいかと存じます。

ドイツの電力をロシアからお買いになればよろしいでしょう。
あなたの提案が日本人にとってどれほどばかげているかわかりますか。

たしかに「台湾」というキーワードなら吐き気はしませんでした。
「韓国」というキーワードは今後一切出さないで下さい。

よりによって韓国から電力を輸入するなんて危険すぎます
日本の教科書、領土問題、在日韓国人に参政権を付与しないから等、
通常ではありえない理由で中国のレアアースの様に売り渋りされる可能性があります
韓国とは独ノルウェイのような大人の付き合いはまだまだ無理だと思います

>「エネルギーで外国に依存するのは怖い。」、「韓国に信頼できないかも」という懸念を口にした友達もいます。あまり比較できませんが、日本の食糧自給率は約四割ですから、食料ですで海外に依存しているのではないですか。ノルウェーとオランダのモデルでは相互依存関係になっています。ノルウェーは昼にの電力を送らないと、夜に電力をくれないと、その逆もそうです。

浅慮な意見だ。「ヨーロッパでは複数の国家間で送電線を通し合っている」という話を単純に日韓の二つの国に置き換えただけで説得力が全然無い。
ここで例として挙げられたノルウェー、デンマーク、スウェーデン、ドイツ、オランダ、英国は電源周波数が50Hzで統一されている上、外交上の問題も恐らくそう大きくは無い筈。
日韓間は電源周波数も違う上、韓国は政府国民共に反日思想が強く日本にとって関係を深くするには適さない国だ。

また日本のエネルギー自給率は平成19年度時点で18%しかない。
これを増やそうとするどころか更に他国に依存しようという選択は問題外だ。
食糧自給率が低い事は敢えて電力自給率を下げる理由にはならない。

2011.9.15
>韓国で15日午後、厳しい残暑により電力需要が急増、供給が追い付かなくなり、
>全国的に大規模な停電が発生した。
>エレベーターに閉じ込められる人が続出したり、
>信号が消えて交通渋滞が起きたりするなど、各地で混乱した。(時事通信)
・・・
自国の電力さえまかなえない国、以上。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad