« 自ら助くるもの、第弐弾: 検討しましょう | メイン | ロリオのご冥福をお祈り致します。 »

2011/08/23

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

 「検討します」に代表される婉曲表現は、典型的なお役所言葉なので、日常生活ではなるべく使わないようにわたしは心がけています。お役所の「検討します」は、「とりあえず聞き置きましたが何もしません」という意味。一般社会では信頼されない悪いことです。「・・・、あのさ、明日、あいてる?」と探りを入れたら、「考えておきます」という返事は使えないけれど、「あいてるけど、何か?」と返され、「じゃー○○へ行こうよ」と誘うとします。「行かない。あなたとは。」とはっきりした答えが返ってきます。婉曲表現は時間の無駄、人生の無駄遣いのような気もします。もし、「・・・、あのさ、明日、あいてる?」を手当たり次第に尋ねたらそれは逆効果で、「ただの軽い人」という烙印を押されてしまいます。始めから逃げ道を作らずにデートに誘う時くらいは、「どっかいこうよ、君と行きたいんだ」と言った方が良いように感じます。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad