« 日本の「き」は「擬態語」の「き」 | メイン | 久しぶりの観光案内: オーストラリア人女性 »

2011/09/23

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

これは原発推進派の良くあるプロパガンダにしか過ぎないと思う。。。

 お疲れさまでした。夏涼しく、冬暖かい西欧の気候風土では、夏の冷房に費やす電力量は、温帯モンスーンの日本とは違った波形を描いていることが良くわかりました。
 北海道電力は、「北海道の電力使用量は冬の方が多いので。」という理由で、泊原発の再稼働をしました。むかしに戻って薪ストーブの普及を進めれば済むことだと思うのですが・・・。冬に雪に閉ざされるドイツ南部の人々の暮らしぶりが、「東北や北海道でも十分参考になるのではないか」なんてふと想いました。

電気使用の大部分が家庭用なら、気温との相関はあるかもしれません。逆に大部分が工業用なら、気温以外の要因(週末とか?)が電気使用量を決めるでしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad