« アルツハイマー患者の住宅地 | メイン | 最近読んだ本… 少しフィクションが戻ってきた »

2011/10/20

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

 飢えた少女みたいに全く考え込まない私ですが、お写真の出来栄えは、大変良いと思いました。100人いれば100様のベストな被写体が選ばれるのでしょう、きっと。オーストラリアの手前のパプアニューギニア(我が家ではパパは牛乳屋とやや強引に発音します)の方は、どんなベストな日本を切り取られるまでしょう。ワクワクしますね。一枚目に移っていた靴は、頭にかぶるって踊り出すかもしれませんよ。ジャングル東京、ウハウハ。

三番目の写真のコメントは”想定外”でした。瓜二つとは言いますが、現実に同じ瓜は二つとありません。傾向が似ていても”違う”要素を認め合う細やかさが日本の伝統でもあると、好意的に受け止めて頂ければ幸いです。

落語の「あくび指南」などにもある様に、時代が爛熟してくると”歌舞く”よりも”細やかさ”が粋となるのは平和な証拠かも知れません。

「可愛さ+カッコよさ」が彼女のキーワードでしょうか?

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad