« 独シーメンス社の原子力完全撤退 | メイン | 脳卒中をはやく見つけるためのポイント »

2011/10/31

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

 この分野、筆が進みますねぇ。ハイテクにこだわる日本では成しえなかった事業だと思います。ローテクを集めて一つの産業としてまとめる、まさに"ドイツのお家芸"ではないでしょうか。
 さすらいの食いしん坊を標榜するわたしは、このエネルギー複合施設を「メルケル定食」と名付けました。ドイツの旅のお供にお一ついかが。

この記事を読んで二足歩行ロボット(ホンダASIMO)を思い浮かべました。それまで、腕だけとか脚だけの部位ごとには高度に開発が進んでいたのに統合出来なかったロボット研究。ホンダの技術者たち、と言うより職人たちは既存技術の組合せと調整の妙で世界初の二足歩行ロボットを完成させたのでした。

似た事例には、コンピュータ制御の鉄鋼生産。自動車のコンピュータ制御燃料噴射装置。放射線治療などがあります。ハイテクをローテクで成し遂げるのは日本のお家芸と言えるかも知れません。

現在の日本の発電プロジェクトはASIMO前のロボット状態かも知れませんが、各種の発電方式は有るので素地は揃ってると思います。後はドイツから”発電マイスター”を招聘出来ればブレンツラウ村の様になるのも近いかと思われます。

個人的にはメガフロート若しくは巨大タンカーに太陽光発電、風力発電、洋上バイオマス、潮汐発電を組合せて”移動販売”したいのですが、如何?

 得意のエネルギー分野、以下の場所で発表してみませんか。

環境行政改革フォーラム総会開催の案内と発表に関する規約など
http://blog.livedoor.jp/hamaguriya/

中古車買取のほうが新車購入よりもメリットが高いかも...

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad