« ドイツ語学習者に是非!ドイツ語なぞかけのススメ | メイン | 50歳なのに、あんなに元気で若いとは! »

2011/10/14

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

 オーストラリア。わたしは南極のついでに寄りましたよ。南極は無作為につくられた作者不詳の美術品そのものです。
TBS日曜劇場『南極大陸』http://www.tbs.co.jp/program/nankyokutairiku.htmlよろしくね。演技がイマイチの木村君も出ています。
 そうそう、チェコの映画は良いですよ。おススメです。本日はまさに散文でした(^_^;)

わたしの大江戸八百屋町
 わたしは、クララさんに限らず日本在住の外国籍の方々は、それぞれの日本感をお持ちであり、興味を示す対象が違っていて面白いと思いました。そうした方の案内で日本の観光地を回ると、「日本に居ながらちょっと外国に来た気分」とか「気にも留めなかった店やそこの商品に関心を持つ」ことができ、普通の観光に飽きてしまった日本人にも、「もう一度行ってみようか」と思わせるのかなと思いました。衰弱しきった日本の観光業の希望の光にも見えたのです。
 どこへ行くか、誰と行くかに、新しい観光の選択肢として「誰に案内を頼むか」が加われば面白くないですか。東京で商いとして成立すれば、地方でもこの方法が使える可能性が出てきます。
 そこで、勝手に旅行パンフレットのタイトルを考えました。「わたしの大江戸八百屋町」どうでしょうか。ひょっとしたら関西あたりでもうやっているかも(^_^;)

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad