« 標高1244メートルの風力発電所 | メイン | 素敵なアーティストとの散歩: 二人の紹介 »

2011/11/16

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

「頭の中に残った壁」良い言葉ですね。色々なところに存在してそう。でも、イデオロギーの違いで東西に隔てられたドイツ国民ですが、この程度で「カルチャーショック」は少しばかり大げさな表現だと私は思います。「生活習慣の違い」くらいで良いのではないでしょうか。狭い日本でも、日本テレビ系列でみのもんたが司会をしている「噂のケンミンショー」で紹介されているように、日常生活で「あっ」と驚くような習慣の違いは、毎日ほうきで掃くらいあります。
 ご心配の南北朝鮮ですが、もともと一つの国ではなかった歴史が長くて、習慣の違いは日本以上にあります。北朝鮮が中国の経済植民地から抜け出して、一日も早く統一を果たせることを祈ってやみません。
 話をドイツに戻すと、丁寧な握手をする"人なっつこい"東ドイツの習慣、わたしは好きです。今からでも取り入れて欲しいです。
 私が経験した日系人の「凍結されていた古き良き日本の風習」も、とても興味深いですよ。私は勝手に「時間の冷蔵庫があいた!」と表現していました。ポルトガル語で一冊書いてみたいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad