« 苦手な日本語、2011年版 | メイン | チェコがドイツの再生可能エネルギーで困る »

2012/01/11

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

この心配は残念ですが当たっています。「一片の疑念だけですけど、もうしかすると、そのニュースは日本国内で出されると、プレスリリースが自動車業界にプレッシャーを与えることでしょうか。」

 この工場の314haという規模、設備投資額は相当な金額でしょう。「ルノーもやったんだからあなたたちもやりなさい!」という"空気"、くるまが国内で超売れなくて困ってる+東北の震災+タイの洪水のトリプルパンチで、ヘロヘロになっている日本の自動車各メーカー耐えられないのでしょう。

 でも、ここからが問題。空気を読んでこんな良いことを報道しない日本のマスメディアって問題アリアリでしょ?一事が万事です。報道の全てが大広告主にコビヘツラッテ本当のことを伝えない。「絆」って美しくもあり、取り返しのつかない哀しい事件も起こす日本の弱点手もあります。コーポレートガバナンス、日本の企業が一番重視しているのは「義理人情」です。これじゃ暴力団はなくなりませんね、♪ジャンジャン!

二酸化炭素関連で日本のマスコミはほとんど報道しなかったですが、ドイツのシュピーゲルは
http://www.21ppi.org/pdf/sawa/100427.pdf
のようにクライメートゲートを取り上げていました。

サハラ砂漠の現実についてもドイツでは
http://notrickszone.com/2012/01/03/der-spiegel-the-ground-zero-of-climate-change-is-becoming-green-expanding-sahara-is-a-myth/
のように正しく報道されているようです。

日本のマスコミは二酸化炭素を悪者にする話なら喜んで報道すると思います。

二酸化炭素は悪者ではないというCERNの実験
http://seetell.jp/18595
は日本のマスコミは取り上げなかったですし。

都合が悪いからって科学を反対する事はよくない。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad