« なんで2011年度上旬に「調べた日本語」リストに入れたのかわからなくて、不思議 | メイン | 子供の交通安全教育にみるドイツの安全意識 »

2012/01/06

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

 ゲシュタルト、ドッペルゲンガー、医療に関係する言葉が2つも選ばれていますね。
40年前の子供向け番組「キャプテンウルトラ」の中に出てくる宇宙戦闘機の名前はシュピーゲル号です。この番組の主役の方、強面(こわおもて)だったため、その後はドラマや映画の名悪役として活躍されました。
http://www.dailymotion.com/video/x94dfc_yyyyyyyyyvsyyyy-jp-tv-old-drama-ed_shortfilms
 最近分かったことですが、松本零士さんの描く女性のモデルさん、ドイツとのクオーターの方だそうです。お爺さんはシーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)ですって。玉下駄!
ちなみにウルトラマンに出てくるバルタン星人は、フランスの有名な歌手シルビーバルタンからとられたそうです。

 死に絶えた日本語を御墓の中から掘り起こすのも良いですが、新しい言葉を産み育てのも楽しいと思いますよ!(^^)!

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad