« 広辞苑に載っていなかったけど、2011年に覚えてしまった日本語 | メイン | お城に住んでみませんか。月175ユーロ。 »

2012/01/20

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

     鉄の女を支えるゴム男? 
 わたしは、彼女の偉業には素直に敬服しますが、この文章には登場しない、スラデクさんの夫に大変興味を持ちました。日本でも原発反対活動をするお母さんたちはたくさんいますが、そのために会社を興し、投資家を募ることまでやっちゃう方は、日本にはたぶん言ないだろうし、今後も現れないような気がします。

 かつてイギリスにマーガレット・サッチャーという首相まで上り詰めた政治家が居ましたね。日本では、飲みにケーションに参加しなかったり、早く帰ったりすると「おまえ、サッチャーの旦那かよ」と、罵倒されたものでした。内助の功は美談になっても、男女の役割逆転を素直に認めない重~い空気が日本にはまだあります。

 わたしは考えます。こういう才能あふれる女性が居て、もしそれがわたしの妻だったら、私は妻が自身の能力を最大限に発揮してもらうために、喜んでサッチャーの旦那になります。それまでに、「スラデクの夫」が、日本で良い意味でつかわれるように、日々精進します。
 

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad