« 変な外来語2011年 | メイン | 書評:「メルケルはなぜ“転向”したのか・ドイツ原子力四〇年戦争の真実」 »

2012/02/19

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

 今回は大変痛いところを突かれました。これは「敬語」という言葉の問題だけに留まらないからです。1945年8月15日から始まっている日本社会の自己破壊なのだと、わたしは思っています。この日、それまで日本人の美徳とされていたことが全て否定されました。当然儒教の精神も軽視され、親の言うことや価値観も否定するようになりました。
 クララさんが得意な昭和のムード歌謡を持ち歌としていた人の中には、フランク永井とかバーブ佐竹とかアメリカ風の芸名の人も少なくありません。そう、クララさんが今接している小学生は、戦前に成人だった世代のひ孫に当たる世代なのです。
 広島と長崎に落とされた二つの原子爆弾は、今も日本社会を内側から蝕んでいます。お忙しいところ大変恐縮ですが、安っぽいB級グルメになり下がってしまった日本人の価値創造、お手伝いしていただけないでしょうか。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad