« 臨界事故後の日本メディアを語るドイツ新聞記事・・・ 1999年の記事 | メイン | 独の脱原発政策で手工業企業が繁盛 »

2012/02/01

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

「自閉症の方は集中力があって、頭も良くて、細かい仕事も上手にこなせる能力を持っている上、忍耐も持っています。」全ての方にこうした能力が備わっているといいですね。
 どこの国でも程度の差こそあれ、検証作業にはこうした人材が活躍しているのではないでしょうか。
 ただし、「障害者」という枠にはめられる前に、こうした優れた能力を見つけ出す本格的な取り組みと、活用する仕組みがまだこの国には備わっていません。精神医療の遅れと、経営者の認識不足が足かせになっていると思われます。
 障害者能力を活かす取り組みとしては以下のスワンペーカリーが広く知られています。
http://www.swanbakery.jp/swan/index.html
 映画「レインマン」に登場したような方、存じ上げていますが、日本の社会では生きにくいようです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25274
 頭の悪~いわたしは、愛くるしい笑顔とトンチでガンバリます(^_^;)

はじめまして。広汎性発達障害・小児期崩壊性障害の子供の母です。いまは自閉症と同じような傾向を持つ18歳の息子がいます。中度程度の障害です。
IQ50以下ですが、数学の2次方程式を解いたり 簡単な関数を理解する能力はあり、英語が大好きなので英検4級を持っています。日本語は〜障害発症時に日本語を喪失したので、とても苦手です。
好きな言語は ラテン語を基本にした言語のようです。

息子も コンピューターが大好きです。タイピングなどの分野で 何か息子が生きて行ける可能性は無いだろうか?と思って検索をしていて、こちらのブログにお邪魔しました。
日本に住んでいると、日本語を話す能力、判断力・コミュニケーション能力は必須で、日本語で入力する能力も必要で・・ 息子には厳しい世界です。でも・・世の中は変化しているのだから・・と思って、これからもがんばっていこうと思います。
とても良い情報をありがとうございます。これからも どうぞよろしくお願いします♪

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad