« 畳化、其の十: 方向音痴全治 | メイン | カレーソーセージの礼賛 »

2012/04/25

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

 日本では、中小の企業が参入して、発電の利権が奪われる風力発電が普及しないように、「苦情や反対運動がおこるところにわざと建てられているものが多いです。」野鳥への影響も東北や北海道の一部を除いては、詳しく調査がさていません。
 一番影響が少なくて儲かる海上設置も、わざと建設できにくい仕組みが作られています。風車が起こす低周波振動も、海上設置だと漁礁の役目を果たします。10ヘルツ前後の周波数の音が魚を集めることが判っています。
 大型のものを海辺の造船所で作って船で運べる海上設置、これから増えてくると思いますよ。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad