« あの日の気持ちは忘れたくない | メイン | 選挙権のない一人からのお願い »

2012/12/05

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

はじめまして。
件のおばあさんはドイツ語を一切話せないのですね?
緊急の対応、たとえば火事とか泥棒とかを消防、警察に通報できないとなると問題になると思いますが、その程度は出来るのであれば、これまで30年も暮らしてきているしご家族も健在なのであれば、強制させる必要はないのでは?

ドイツに行った事は無いのですが、在米中にドイツ人の友人が沢山いたので、この記事、あまりにもステレオタイプな話しなので、ちょっと笑ってしまいました。すみません。個人的な感想で言えば、強制する必要がないと思いますが、その国にはその国のしきたり、文化、伝統等色々あるので、ドイツ国民が移民に対して強制的に研修を受けさせると民主的に決めたならそれで良いのでは無いでしょうか? 他国に移住するのも本人の自由で行っている訳ですし、その場所場所には違った法律を及び法律に書かれてないローカルルールも存在しています。経験上から言うとそれらに従うしかないでしょう。私の昔住んでいたニューヨークのクィーンズに行けば、英語がほとんど話せない人沢山住んでいます。そこに母国語のコミュニティが存在するから必要無いようです。でも語学力が無いと通訳出来る方が存在しない場合は困ることがあるかも知れません。強制と言うのですから無料ですよね? 無料であればドイツ的な親切心かなと感じたりします。それにしても600時間の講義ですか、600時間と言うと、週20時間X15週X2学期、日本の日本語学校並とか米国の短期集中英語講座並みに時間数ですから、かなり力はつきそうですね。最後に日本語と違って欧州言語習得の場合アルファベットが読め無いは理由にはならないと思いますが、高齢なため言語習得に必要な口と舌の周りの筋肉を鍛えるのが大変でしょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

カテゴリー

2015年4 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

Blog powered by Typepad